わたのキッチンブログ

ガゲナウバーベキューグリル・IH&キッチン・新築マンションmoreレポート!

キッチンを框(かまち)扉にする計画編①

ブログ更新を受け取るにはこちらからどうぞ

 

こんにちは、どうもわたです。

昨日一昨日だけで読者様が急に増えまして!ご登録本当にありがとうございます。はてなブログのどこか目に留まる所にこのブログがあったのでしょうか?びっくり嬉しいです。

 

さて、今回はキッチンの扉。オリジナルの框を計画した記事です。

 

 

キッチンの扉や面材

キッチン及び収納の扉の素材といえば、つるつるとした鏡面仕上げが一般的ですよね。

メラミン樹脂シートで板の表裏を化粧しているものが多いでしょうか。水や汚れに強く沢山のカラーバリエーションがあります。吸盤もくっつきます。システムキッチンといえば、な面材です。今でもやっぱり各メーカーこのラインナップが1番多いです。

 

突板で木のぬくもりを出したり、無垢材なんかも出てきています。こだわりのキッチンや家だと、木の無垢材をふんだんに使っていてすごいなぁと思います。キッチン天板が無垢材って凄く水に気を使いそうだけど、きっと意外と水に強くケアすれば平気なのでしょうね、凄くカッコいいですよね。フローリングやキッチン、造作家具等が無垢材だと経年劣化で良い味が出そうです。アルコール消毒はNGですかね。

 

キッチンでいえば、つるっとしていないリアルな触り心地の木目シートが新築マンションや戸建てに最近は多い印象です。同じパネルをキッチン本体、背面収納、洗面台、トイレの棚に利用して統一しているイメージです。マットなので家具感が一気に増しますよね。キッチン設備としてみるか、家具としてみるかでイメージと仕様がガラッと変わります。どちら派でしょうか?

 

私は家具派でして、鏡面は一切使わずマットに仕上げました。

キッチン本体の引き出し扉と背面収納の上置き扉&オープン引き出し、パントリーの面材はリアルな木目シートになります。

 

f:id:wata443:20190706135050j:image

 

このカラーは、キッチン本体の引き出し部分とは違う物なのですがほぼ同じ色です。

キッチン本体の引き出しは横シマの木目で、背面一部とパントリーはこちらの縦シマの木目にしました。目の錯覚で広く見える事を期待して。

 

メーカーの框比較

オリジナルを作るにしても、沢山目で見て研究しなくてはいけません。じっくり多様な扉を見ていくと、細かいところまで自分の理想と好みがわかってきます。ネットやカタログは沢山見るべきですね。面白いし勉強になるし妄想は広がるしいい事だらけです。

 

我が家にはお取り寄せしたカタログがあるので見てみます。(2018年4月以降版)今はネットカタログみたいな感じでペーパーレスなメーカーもありますね。キッチンを買うのなら、メーカーから買う事になると思うのですが、私と違ってキッチン本体にももちろん框扉を採用できます。

ざっと見た感じ、TOTOさんとトーヨーキッチンさんには框の展開は無かったです。

 

クリナップさん 

 

f:id:wata443:20190709132859j:plain

 

f:id:wata443:20190709132839j:plain

ーステディアー

ブロカントというシリーズ。デザイン的にラインの凹みが多いですよね。框風の仕様だからですね。こちらは可愛い系の雰囲気があります。カラーがピンクとホワイトもあり、やっぱり可愛い。色が綺麗

 

f:id:wata443:20190709132820j:plain

こっちはルサックというモノで、カラーも木目もこれのみの一本勝負な展開。こちらは框組になっています。なので枠と鏡板に段差があり面が凹んでいますね。ウッド調が可愛いのでログハウス風や海外のコンドミニアム的なイメージ。板がヘリンボーンになっていておしゃれ。面が占める範囲は広いので、空間のアクセントになりますね。

ステディア│システムキッチン│クリナップ

 

リクシルさん

 

f:id:wata443:20190709132846j:plain

ーリシェルー

こちらは無垢材ぽい雰囲気ですね。木目プランにありまして、オークのスモーク、ナチュラル、ホワイト展開。日本的な小料理屋ぽいキッチンとキッチンカウンターにするなら良いですよね。シンプルフレームシリーズなので框とは少し違う作りですが。白無垢材で統一したキッチンと家は素敵過ぎます。

 

f:id:wata443:20190706142303j:image

クラシックな雰囲気です。こちらは海外的。カラーも木目2色とマットなグレー、ブルー、アイボリーから選択可能です。ほんと海外みたいに出来そう。

框で純日本か海外風かひとつのメーカーで選択があるのは流石です。しかもカラーや木目の展開が良いですね。取っ手も種類沢山で、これは選びがいがありそう。

LIXIL | キッチン | リシェルSI

 

パナソニックさん

 

f:id:wata443:20190706142801j:image

ーLクラスキッチンー

こちらは、窪みが深く大きいですね。トラッドな感じ。面材のカラーと取っ手選択でエレガントにもモダンな感じになりそう。ホワイトが似合いそうです。こちらはレリジ60シリーズで、木目のみの展開ですね。でも木のカラーが選べます、チェリーが可愛い。あとはロンド50シリーズというものもあって、薄い感じの框もあります。スッキリしていますね、リシェルの日本風のに近い感じ。

パナソニックのシステムキッチン、Lクラス キッチン | パナソニックシステムキッチン | Panasonic

 

キッチンハウスさん

 

f:id:wata443:20190709132759j:plain

 

f:id:wata443:20190709132806j:plain

 

f:id:wata443:20190709132909j:plain

とってもカッコよくおしゃれな框とキッチン。実際のカタログはこの3倍は素敵です。

框自体は無垢の木目がオーク、チェリー、ウォルナットとあり5色展開。

カラーバリエーションは8色で框のタイプが2種類。マットか艶仕上げも選べます。

さすがですよね、ホワイト系にベージュ、グレーは濃&薄。ローズ・ブルー・ミンクもそれぞれグレーが入り落ち着いたカラー展開です。

 

f:id:wata443:20190709132931j:plain

個人的に好みなのはキッチンハウスさんです。やっぱり凄く良いですよね。

この圧巻のカタログのカッコよさ。読み応えと見ごたえのかたまり。

しかも普通にガゲナウやミーレを載せている事に作り手と施主側のこだわりを感じます。

キッチンハウス : kitchenhouse|オーダーキッチン・カスタム

 

ジーマティックさん

 

f:id:wata443:20190709153949j:plain

 そして忘れてはいけないのがジーマティック様。この直線直角スタイリッシュな框はかなり参考にしました。クラシックでありながら、甘くない。トラッドな筈なのに古くない。本当にかっこいい、いや美しいです。好き。

https://www.siematic-japan.com/

 

私のキッチンの框扉

各メーカーさんに框がございますがキッチン本体をメーカーから買うのであればそのメーカーの框を選ぶことになってしまいますよね。何を優先するかが難しい。。

ネットでも画像検索で" 框 海外 キッチン "なんかで沢山検索しました。

やっぱりカタログやショールームを見るのは楽しいですね!遊びに、いや取材しに行きたい。。

 

そして、私が選んだ新築マンションのキッチン担当はクリナップさんです。

背面収納のオリジナルパーツと引き出し等細かいパーツはクリナップ産になります。

工務店のコーディネーターさんを介してますが、ここまで細かくわがままとこだわりを聞いてくれるなんて正直びっくりしました。何ミリ何センチ単位ですからね。ほんとお世話になってます。

 

決定版は次でまた長々と語ります。。

ご清聴ありがとうございます。

 

 

www.watakitchen.com

 

 

 

前の記事&次の記事を読むには「コメントを書く」の下のボタンからどうぞ。