わたのキッチンブログ

ガゲナウバーベキューグリル・IH&キッチン・新築マンションmoreレポート!

わたのキッチングログ
プロフィール

"ガゲナウショールーム編" GAGGENAU札幌&登場人物はみんなイイ人。

わたのキッチンブログ
プロフィール

 

こんにちは、わたです!

ここからは理想のキッチンづくりを目指して動いていた時の記録です。

 

 

最終決定までの流れ

リアルでつい先ほど、最終図面や最終見積もり額も決定致しまして!ちょくちょくこれから決めていく事もあるとは思いますが、ひとまず終了、ひと息ついたという感じです。

本格始動してから決定まで丸4ヶ月。2歳のこどもを連れての打ち合わせはなかなか大変でしたが、メールでのやり取りを多くさせて頂いたのでスムーズでした。

メールで希望要望、イメージ画像や手描き図面を送り、直接会って打ち合わせをする時に確認という感じでした。会った時にだけ伝えるのでは絶対4ヶ月では終わらなかったですね。

 

ちなみに、2週に一度は打ち合わせ。週イチで打ち合わせをしていた月もありました。毎回1時間〜2時間ほど。背面収納は何枚もイメージイラストと図面を描き、何回も変更と修正を重ねました。

 

登場人物

販売会社の所長さん(予想の倍イイ人)。

工務店の社長さん(二度だけお会いしたイイ人)。

工務店の内装全般お客様対応コーディネーターさん(神がかり的に要望を聞いてくれたびっくりイイ人)

です。いや、みんなイイ人かいって感じですが本当にイイ人で!感謝です。顔写真付きで紹介したいくらい。

それは迷惑なのでやめますが、元接客販売をしていた私が泣きそうになる程嫌味が無く物腰が柔らかい方々でした。押し付けなど皆無!なんとなく、最初はおっかなびっくりでした。なんというか、知らないくせに素人が面倒な事言ってらぁみたいに思われるのかなぁ、と。

 

対面販売で物を買う事は、その人柄を買う事だと思っています。嫌な感じの人やテキトーな感じの人が担当だったらどんなに物が良くても不快感が残るのです。残念な気持ちになりますよね。

なので、今回ここまで気持ち良く一生懸命計画を練れたのはひとえに担当者さん達の人柄の賜物です。

 

人柄をはじめ引越し時期のタイミングや各種要望が叶うという事もあり、新築マンション即決です。もうここしかないなと。

そして、すぐに本格的な打ち合わせがはじまります。

 

ガゲナウショールーム

マンション販売会社担当(以下所長)と最初の顔合わせの時には、ガゲナウホシイ。と開口一番に宣言した私。マンションにビルトイン出来るのかさえ、あやふやでネットや書籍の情報も少なくて。連日検索、検索の嵐でした。食洗機は多少多かったのですが、グリルは特に少なめで。

 

ミーレとガゲナウは比較として良く出ますが、設置したいのはオーブンでも食洗機でもないので、ここはガゲナウ一択でした。改めて書きますが、ガゲナウの方がお手入れやちょっとした使い勝手が勝るかな?と思ったからです。

ガゲナウのウェブ内覧会をしていたブロガー様達には本当に感謝です。

 

そして、所長が詳しく寸法仕様や資料が欲しいという事もありガゲナウ札幌ショールームへ向かいました。ガゲナウの実物もこの時初めて見て触りました。遅。

大通り公園沿いにある路面店で、見つけやすく入りやすいガラス張りの外観。一応電話で予約して行きました。

直近の打ち合わせの時には、所長とガゲナウショールームの社長さんが直接話しをして頂けるように説明したので全てスムーズに任せられました。詳しい事はプロに任せるのが一番ですよね、特殊で所長さんも初めてのケースだったみたいです。

ガゲナウへはここから。

 

ガゲナウグリル Vario electric grill  VR230 434

では実際に見ていきましょう。

まずは大本命、これだけはビルトインしたいと一目惚れしたバーベキューグリル


f:id:wata443:20190608201527j:image


f:id:wata443:20190608201516j:image

 

アルミカバーの蓋付きは嬉しいですね。グリルのみ標準装備。アルミカバーはアクセサリーで単体販売もしていますね。キッチンの広さ的にも図面計画でもこの蓋も作業スペースとして使いたかったので嬉しいです。グリル!て感じの圧も軽減ですね。


f:id:wata443:20190608201507j:image

 

ネット検索してもこの角度からはグリルを見る事は無いと思い撮りました。凹凸もゴツくないのが嬉しい。

うちのキッチンにどう映えるのか楽しみです。

 

ガゲナウIH Flex induction cooktop  CI 262 114

グリルと並べるならIHは230シリーズのふた口タイプかな、とも思ったのですが。ハイカロリーバーナーつまりガスコンロを付ける気はあまり無かったので、四つ口IHにしました。またこれが素晴らしいのです。


f:id:wata443:20190608201459j:image

 

左側はフリーゾーン小さいココットやディッシュ、大きな鉄板や鍋を自在に熱源が感知し使用出来る模様。


f:id:wata443:20190608201521j:image

 

ライトが反射してしまいました。真四角の正方形にマグネットのツマミは着脱式。チャイルドロックにもなります。キッチンが出来上がったら沢山撮れるので未来に期待。


f:id:wata443:20190608201503j:image

 

得意のこの角度から。下部分に少し見えているのは人気の食器洗い乾燥機。実際はこのようにすぐ下に配置するのは無理です。

それぞれの機能や素晴らしさは追い追い何回かに分けて書きます。実際に使うとどんどん発見がありそうです

 

おまけ 冷蔵庫


f:id:wata443:20190608201531j:image

ザ海外な冷蔵庫。中もステンレス?アルミ?になっていて保冷がすごいらしいです。

長期不在の時など、設定をゆるくしても保冷で全然平気らしい。エコにも配慮。そしてガツガツ拭けそうで頼もしいですね。これは戸建てじゃないと難しいかも。

 
f:id:wata443:20190608201524j:image

ワインセラー併設。オーブンとコンロと合わせて設置したら究極ですね。夢のよう。

そして私とした事がオーブンと食洗機を撮り忘れ。ガゲナウといえばなのに。

 

さらにおまけ グローエk7 

f:id:wata443:20190608201456j:image

ガゲナウショールームにあった驚きと嬉しさ。私も採用したグローエ k7 。の、小さい方。

伸ばす時の使い勝手も良さそうだし、なにより吐水口とシンク底までの距離が短い。これは今回水栓を選ぶ上での最重要課題でした。各メーカーの図面を見て回り、グローエではこれだけクリア。ここはこだわりなので改めて記事にします。

とにかく、水の跳ね返りが嫌いなのです。

 

ショールームのスタッフさんもとても感じがよくて、社長さんも敏腕感がビシビシ伝わりました。これから何かとお世話になるかもなので、心強い。

 

こう見ると途方も無い計画だったのかなぁと思いましたが、タイミングと人の支えがあり実現出来ました。

自分での情報収集こだわりの執念が実を結んだのかなとも思います。

このブログが誰かの何かの役に立てればと思います。

 

IH編はここ

www.watakitchen.com

 

 

 

⇩画像クリックで応援お願い致します!

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ

いつも本当にありがとうございます。ぺこり。

           

⇩ブログ更新通知を受け取るにはこのボタンから友だち追加お願い致します。

 

前の記事&次の記事を読むには「コメントを書く」の下のボタンからどうぞ。

 

ブログトップに戻るには画像をクリックで飛べます。

f:id:wata443:20190915112651p:plain